ウクレレ ハワイのチューニング スラックキーチューニング タロパッチご紹介します

【ハワイアン ウクレレ】
歌詞・コード・弾き方・ソロ
レッスン無料動画・楽譜:曲名別まとめ
https://pakane.org/?p=405

ウクレレ ハワイアンチューニングをご紹介します

ウクレレ ハワイアンチューニングをご紹介します

タロパッチチューニング


■Ke Aloha ウクレレコード付き
https://youtu.be/0H_265JPiZw

スタンダードチューニング

一般的な
ウクレレといえば
4本の弦が
ソドミラ
とチューニングされています

High-G
Low-G
はありますが
コードや
音階は
共通です

■こちらを参考に ご覧ください
Low-Gウクレレチューニング High-Gとのちがい メリット 交換時の注意点などご紹介します
https://pakane.org/?p=3923

ハワイの曲を弾きやすく

おなじみのハワイアンは
コードは

C G7 F D7

この4つで弾ける
曲も多いです

■こちらを参考に ご覧ください
ウクレレ初心者 ハワイアン はじめに覚える6つのコード
https://pakane.org/?p=1399

そこで
ハワイアンでは
ウクレレの1弦を
ラ(A)から
ソ(G)に落として
ドロップG
という状態にして

4弦から
ソドミソ
とチューニング
することで

全部開放弦で
コードC
が鳴らせる
オープンC

ようにする人
もいます

これを
通常
タロパッチチューニング
といいます

本来は
ウクレレより
弦の多いギター
での工夫
で行われたことです

スラッキーギター
と呼ばれています

タロパッチ
以外にも
ハワイには
独特のチューニングが
数多くあります

それらは
曲によって
もしくは
人によって
弾きやすくなるよう
考案されたもの
ですが

音の響きなども
開放弦を
多く使うことで

ハワイ独特の
スラッキーな

※スラック とは
ゆるい
ゆるんだ という意味

雰囲気が
出せるのでは
ないでしょうか

チューニング
の違いによる
曲の雰囲気
の違いなども

楽しめるよう
チャレンジしてみる
のもいいかもしれない
と思います

タイトルとURLをコピーしました