しっぽ玉(プードルの尻尾をふくらませるわざ)のやり方について バルーンアート・テクニック

しっぽ玉(プードルの尻尾をふくらませるわざ)

写真のような玉

名前がわからないので
このサイトでは
とりあえずこのように呼ぶこととします

バルーンアートをはじめると
イヌやプードルが
初心者向きといわれているようで

その尻尾です

最初のころは
じりじり じりじり
空気を押し込んで

大きすぎると思って
すこし戻そうとしようものなら
またはじめから

すごく時間がかかっていました

上手な人は

ピッ・ポコッ
という感じで
すごくあこがれるテクニックです

意識する3つのこととその方法

いろいろやってみて
3つ
意識することがあるなと思いました

・先端に関して
そこに空気がたまりやすく
なるようにすること

・通り道に関して
スムーズに空気が移動できること
空気が残らないようにすること

・空気の押し出し方に関して
できるだけ無駄のない力で
着実に空気を送り出すこと

■先端に関しては
行う前に
バルーンをつぶしたり
伸ばしたりして
やわらかくすることも
ひとつの方法だと思うし

空気がたまってから
つぶしたり
ひねったりする方法も
考えられると思います

■通り道に関しては
いかに膨らまないように
軽く押さえるか
特に
下側は
どの指を使って
軽く圧をかけるか
いろいろ考えられる
と思いました

僕は今のところ
中指と薬指で
軽く押さえる
という方法を取っています

■空気の押し出し方に関しては
一番下を
右手(僕の場合)の小指・薬指で
しっかり押しつぶすこと
残り3本で
上に向かって押し出すこと

それと同時に
左手の
人差指・中指で
下に向かって押し込む感じ

これで
先端にポコッと
しっぽ玉を
作れるようになりました

最後に
形を整えて
空気のない部分を
引き伸ばして
完成としています

以上なのですが
あくまで
僕個人の方法だということを
ご理解ください
もっといい方法があれば
ご報告しますね

最後まで読んでくれてありがとう!

バルーンアート
楽しいですね

ひいでる

タイトルとURLをコピーしました