バルーンアート独学の初心者が バルーンの曲げ方 3つの違い について考えてみた

バルーンの曲げ方

あくまで
管理人の個人的な考えです
間違いなどご容赦ください

バルーンを曲げる
ということを考えたのは
ゾウを作る時でした

それまでは
ハートを作る際や
サルのしっぽなどで
バルーンを
曲げたことはありました

そのときまでは
ただ単に曲がればよい
という考え方でした

■ゾウの作り方
https://pakane.org/?p=19163

■ハートの作り方
https://pakane.org/?p=18541

■サルの作り方
https://pakane.org/?p=19059

3つのやり方の違いについて

・サルのしっぽのような場合
これは
今回写真に出てこないのですが

ひねって癖をつける

という感じで
たぶん間違いないと思います
プロの方など
わざといえるもの
もあるかもしれないですが
サルのしっぽでは
十分それだけで
何も考えずに楽しめています

・ハートのような場合
写真では下にあたる
やり方になりますが

曲げたい場所を折り 握り込む

ことで曲がってくれます
力加減などが
経験や技量が
モノを言うのではないでしょうか

初心者ながらに
ここで重要だと思うことは
折り目がつかないこと
だと考えているのですが
いかがでしょうか

というのも

・ゾウの鼻のような場合

写真では上に当たるやり方
の場合ですが
わざわざ
折り目をつけるように
やっている方法があるからです

それは

曲げたい場所を折り 横から指でつぶす

これによって
折り目がつき
すこし急に曲がってくれてりう
のではないかと考えています

ゾウの鼻の場合は
どれでも良さそうですが

この折り目をつける
方法を選ぶことにしました

今回のこの3つの違いについて

バルーンのメーカーや
カラーなどの違いによって
こうなるとは限りません

あくまで
僕の数少ないですが
経験と実感を離させていただいた

ということであり
間違いがある場合も
ご容赦ください

それでも
最後まで読んでくれてありがとう
何かのヒントになればうれしいです

タイトルとURLをコピーしました