★【無料】ウクレレソロ・タブ譜★
初心者練習用 参考動画あり
https://pakane.org/?p=2661
★ウクレレコード表★
■メジャーコード■
C  C# D♭ D  D# E♭ E  F  F# G♭ G  G# A♭ A  A# B♭ B
■マイナーコード■
Cm C#m D♭m Dm D#m E♭m Em Fm F#m G♭m Gm G#m A♭m Am A#m B♭m Bm
★ウクレレ教室(千歳烏山)おへそレレ★
https://pakane.org/?p=11066

【独学入門 ウクレレジャズ】11 はねたリズムを練習 ブラッシングと循環コード

スポンサーリンク




はねたリズムを練習

スイング
というのは
ジャズ特有のリズムで
はねたリズム
のことだそうです

上の楽譜には
スイングするように
表記していますが
ジャズを演奏する場合

楽譜にその指示がなくても
スイングさせる
それが
ジャズのルールのようです

ブラッシング

この
スイングを
裏拍をブラッシングする
練習をします

昨日までは
ピックを使うかどうか
迷っていましたが

人差指の
ダウンアップストロークで
当面はやっていきたいと思います

循環コード

今回は
コード進行を

Dm7 → G7 → CM7 → A7 →
Dm7 → G7 → CM7 → A7 →
Dm7 → G7 → CM7 → A7 →

と循環させながら
練習していくこととします

ローコードを使う理由

今回は
ローコード
(開放弦を使ったコード)
で練習していきたいと思います

本来であれば
少しでも多くのコードを
おぼえたり練習したり
したいのですが

僕の場合
コードチェンジに気を取られると
リズムの練習に全くならないのです

ですからまずは
ある程度
今までやってきた
ローコードで
リズム練習に集中したい

それだけですと
コードを押さえる必要は
ないとも言えますが

開放弦があると
ブラッシングできているかどうか
僕にはわかりやすいので
そうすることにしました

コードがあると
その方が楽しい
ということもあります

いまのところ
まったくそれっぽくすら
聞こえません

上手な方の
練習を思うと
尊敬の念が
湧いてきます

みなさん
いろいろ教えてください

最後までお読みいただき
ありがとうございました